もりぐらしアクション

裏磐梯の自然を守るトレッキング体験

グランデコリゾート

裏磐梯にある高原リゾート「グランデコリゾート」では、SDGs教育を目的とした専門的な体験ができる「プロフェッショナルプログラム」のひとつに、裏磐梯の特定外来生物の防除を目的とした体験トレッキングを新設しました。

裏磐梯特定外来生物防除トレッキングプログラム

さまざまな色彩に変化する水面が美しく神秘的な「五色沼」は、磐梯朝日国立公園の観光名所として、多くの人々が訪れます。裏磐梯と呼ばれるこの地域は、自然が豊かで貴重な動植物が多く見られますが、近年、周辺地域における特定外来生物「オオハンゴンソウ」の侵入が問題になっています。在来生物である草本植物や低木の生育を脅かすため、生態系への影響や景観悪化が懸念されており、環境省が関係機関と連携して、2007年より一斉駆除作業が続けられています。

このような問題をふまえ、裏磐梯の現状に直接触れることで自然環境保全の大切さを学び、意識の向上を促す目的として、このたび、新たなトレッキングプログラムを設けました。これは、専門のトレッキングガイドと一緒に五色沼周辺を散策しながら、オオハンゴンソウが自然環境に与える影響を学び、防除活動を行うものです。このプログラムは、裏磐梯エリアで取り組んでいるSDGs教育旅行「プロフェッショナルプログラム」のひとつです。

特定外来生物が森の生態系にもたらす悪影響

「オオハンゴンソウ」は、北アメリカ原産のキク科の多年草で、明治中期に観賞用として日本に伝来しました。繁殖力が強く、野生化した現在は、北海道から沖縄まで全国に定着しています。比較的高地の涼しい環境や湿地などの水資源が豊富な場所を好み、北海道、福島県、長野県、岐阜県では大群落がみられます。地下茎から他の植物の成長を妨げる化学物質を出すことから、外来生物法によって「特定外来生物」に指定されており、栽培、運搬、販売、野外への放出などが禁止されています。

本プログラムでは、オオハンゴンソウを主な防除対象としていますが、裏磐梯には、ウチダザリガニ、コカナダモ、コウリンタンポポといった特定外来生物が他にも多く生息しており、これらの生物も外来生物法によって規制・防除の対象となっています。特定外来生物は、在来種の生息を脅かすだけでなく、時には絶滅に追い込むこともあります。また、農林水産業をはじめ、さまざまな方面で被害を及ぼすことが危惧されています。これまで、国の環境事務所や関係機関が連携し、共同で防除活動を実施するなどの対策を進めていますが、特定外来生物はいずれも繁殖力が非常に強く、目に見える成果が得られていないのが現状です。

プロフェッショナルプログラムとは

「プロフェッショナルプログラム」とは、私たち東急リゾーツ&ステイが運営するグランデコリゾートの4施設が共同で取り組む複合型SDGs教育旅行プログラムです。裏磐梯の大自然を舞台に、地球環境における「問題解決」と「未来創造」の視点から、SDGsの実現に向けて、楽しく学ぶことを目的としています。

1.環境教育プログラム

富良野自然塾 裏磐梯校

脚本家倉本聰氏が塾長を務める自然体験型プログラム。裏磐梯の大自然を散策しながら、地球の成り立ちや環境問題について学びます。「緑の教室」「石の地球」「46億年・地球の道」「裸足の道」の4つで構成され、広大な敷地内を専門のインストラクターが進行・案内します。

2. 食育環境プログラム

Active Resorts裏磐梯

人口問題、フードロス問題、自給自足率、スマート農業など「食」を考える100億人時代を見据えたプログラム。地産地消や身土不二など、日本の伝統的な食のコンセプトである、「もったいない」や「命をいただく」といった日本の食文化を、ロハスアカデミー公認のLOHASコンシェルジュが監修するプログラムで学びます。

3. 文化環境プログラム

諸橋近代美術館

シュルレアリスム絵画で知られる芸術家サルバドール・ダリの作品の背景には、数学や科学、当時の社会情勢などさまざまな要素が隠れています。ダリの作品において、世界屈指の所蔵数を誇る本美術館では、学芸員の解説とともに、STEAM教育の視点から、作品の背景にある数学的、科学的、歴史的知見を読み解きながら分野横断的に鑑賞します。

STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Arts(アート)、Mathematics(数学)の領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念です。

4. 水教育プログラム

小野川湖レイクショア野外活動センター

水と山をテーマにしたプログラム。地形的、自然環境的に多様な「磐梯朝日国立公園」をフィールドに、自然と直接触れ合います。「水プログラム」では、トレッキング、水の検査、水の飲み比べなどを行い、五感を使いながら水について学びます。「山プログラム」では、カヌーやカヤックなどを体験し、日常とは違う視点から山を観察します。このWET(Water Education for Teachers)プログラムによって、水に対する「気づき」を促し、学びを深め、責任感と社会参加意識を高めます

美しい自然を未来に残すため

裏磐梯には、130年前の磐梯山の噴火によって誕生した大小さまざまの湖沼群があり、また、多様な動植物も多く見られる自然豊かな場所です。この美しい自然を大切に守り、その姿を未来に残せるよう、環境保全について学び、考え、行動することは、今を生きる人間の責務と言えます。私たち東急リゾーツ&ステイは、SDGs教育を目的とした「プロフェッショナルプログラム」をはじめ、誰もが楽しく学べる、さまざまな機会創出を通して、人々の地球環境に対する意識を高め、その保全に寄与できるよう努めます。

本取り組みが貢献するSDGs

東急リゾーツ&ステイの「もりぐらし」は、森の恵みを生かした多彩なライフスタイルを提案し、お客さまや地域の方々と一体となって、持続可能な環境づくりをめざす取り組みです。お客さま、地域、自然、そして社会に寄り添いながら、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献します。

Information

グランデコリゾート

ホームページ
https://www.grandeco.com
設備について

標高1040メートルに位置する高原リゾート。シーズンを通して楽しめるアクティビティが豊富で、夏は国立公園の大自然を、冬はパウダースノーをご堪能いただけます。「裏磐梯グランデコ東急ホテル」併設。

  • facebook
  • Twitter
  • LINE